2013/04/25

Lovely Chocolate : 金票40番レース糸のこと

オリムパス製絲さんから、先日金票40番レース糸の新色が発売されました。



この糸と、クロバーさんのシャトルをつかってタティングレースのモチーフを編む、というモニター募集がありましたので応募したところ、当選しました*.+゜



さっそく糸の包みを開けてみます。
さわった感触、しなやかで柔らかくもっちりとしています。
表面はなめらかでつやがあり、間違えたときにほどいたりしても毛羽立ちにくく、扱いやすい糸と思います。

また、これまでの色にはどちらかというと華やかな、お花を編むのに合いそうな色味が多い印象を持っていましたが、今回の新色はおいしそうなチョコレートみたいだったり (とどいた#779のお色。大好きな色ですv)、リネンのような雰囲気があったり、生成りや白もしっとりしたニュアンスがあって、なんだかアンティークめいたラインナップです。
こういう雰囲気だいすきなので、これらの新色がリリースされてとってもしあわせ。

いっしょにとどいたタティングシャトルは、クロバーさんの〈フローラ〉。
軽くて小回りがきき、長時間編んでも疲れない、使い手のことをよく考えられたとてもすてきなシャトルです。



編みはじめはちいさなリング、ブリッジ (チェイン)、そしてまたリングとつづきます。
シャトルひとつで編めるパターンなので、シャトルと糸玉の糸をつなげたまま編みはじめました。



ふたつめの、三個のリングからなる三つ葉模様ができたところです。
ちいさくてまるいリングにピコがぽこぽこ、キュートでたのしいです。
つなぐためのピコも、ほかのピコとおなじ大きさにしています。
リングのあいだにもスペースが空いて、レーシーな雰囲気♪



三つ葉模様が三つ編めたところ。
これでモチーフの半分あたりまできたことになります。
ふっくらつやのある糸なので、この風合いを活かすためにもあまりきつすぎない編み方のほうがよさそうです。



五つめの三つ葉まできました。
あとひと息です。



最後のピコつなぎは、お花モチーフなどでもよく使われる、ピコが右側にくるジョイン。
ピコがねじれないように繋げて仕上げます。

ひとつめの三つ葉模様の三つめ (右端) のリングから開始する編み図なので、シャトル糸と玉糸の二本の糸で、編みはじめのリングと編み終わりのリングの根本を結び合わせて編み終わり。



雪の結晶のような、かわいいモチーフのできあがりです♪

また、おなじモチーフを、色違いの糸 (おなじ金票40番の#731) と組み合わせて編んでみました。



チョコレートとカフェオレで、まるでケーキみたいv
この二色で段染めになってもきっとすてきって思います。
段染め糸のタティングもまた格別の可愛さなので、もし小品向けにピッチの短いものが発売されたらいっぱい遊べそう。

すてきな糸&シャトルでかわいいモチーフを編むことができて、とってもたのしいひとときを過ごすことができました。
オリムパス製絲さん、クロバーさん、ほんとうにありがとうございました*.+゜

0 件のコメント:

コメントを投稿